先日、BBC NEWS JAPANで3回にわたって中国ネットアイドルによるライブ配信の現場が報じられた。

取材先となったのは上海最大手のプロダクション会社MJエンターテイメント会社。創業者のJACKとは筆者である私も公私ともに交友を深めている仲である。

BBC NEWS JAPAN

「中国で人気を集めるネットアイドル 年収5000万円も」

収入取り分めぐり事務所と衝突 中国ネットアイドルのタオさん

熱心なファンと初対面 中国ネットアイドルのタンさん

日本ではインバウンド市場や越境EC市場を狙った事業者が中国のインフルエンサーを活用したマーケティングやプロモーション施策を実施されている。

弊社にも多くの企業様から案件のご相談を頂く機会が増えており、ご相談内容の中には実際に「中国人インフルエンサーを起用したが効果が見られなかった」などのお悩みの声も少なくない。

また「彼女彼らは本当に影響力があるのか」など、実際に会う機会の少ない中国ネットアイドルとは一体何者なのか、どのような生活を送っているのか教えてほしい、などのご相談を受けることもある。

よし、じゃあ話を聞きに行こうということで上海に渡り、MJエンターテイメントを訪問した。

今回は特別に売れっ子ライブ配信者4名に独占インタビューを行った。

今回取材をさせて頂いたMJエンターテイメントは上海最大手のネットアイドルプロダクションである。

中国ライブ配信ビジネスの中核に迫る!上海某所にあるネットアイドル養成現場へ潜入~Vol.1

迎えてくれたのはプロダクションに在籍している女性ネットアイドル数百名をマネジメントし、社外にも多くのインフルエンサーコミュニティを束ねる統括マネージャー

早速売れっ子2名を紹介して頂き、インタビューがはじまった。

一人は上海出身の華さん、もう一人は西安出身の雪さん

「ライブ配信をいつから始めたか?きっかけは?」

華さん『2015年、友人の紹介』

雪さん『2015年、wechatのモーメンツで募集しているのを見た』

 

「ライブ配信を始める前はどのような職業だったか?」

華さん『家事手伝い』

雪さん『アパレルショップの店員』

 

「ライブ配信を始めて何か生活上で大きな変化があった?」

華さん『プライベートな時間が少なくなった、以前は家で時間を持て余していたけど、今はファンからのメッセージが24時間届くので、空いた時間に返信しないといけないから。でも経済的にはかなり余裕が出た』

雪さん『ネット上での友人は増えたけど、今までの友人との付き合いが希薄になってきた、毎日ファンの人たちを交流しないと減ってしまい、即収入に関係してくる。収入は以前の数倍になったけど、使う機会は少なくなったかな』

 

「ライブ配信は1日何時間くらい配信している?時間帯は?」

華・雪『プロダクション会社との契約に沿って1最低5時間、夜の時間帯19時~深夜12時1時とか。1時間配信しただけでは新規のファンは見込めません』

 

「1日の生活スケジュールを教えてください」

華・雪『私たちは2人で一緒に住んでいるので大体同じ生活リズムですw』

PM13~14時 起床

PM15時 食事・休憩

PM18時 化粧して配信準備

PM19時 ライブ配信開始

AM24時 夜食・休憩

AM4~5時 就寝

   『以前の仕事とは違い体力的には楽な仕事ですが、精神的に疲れますねw』

 

「1か月の平均収入は?」

華『月によって違いますが多いときは10万元(約160万円)』

雪『私も月によって違いますが、平均5万元(約80万円)ですね』

 

「今後はネットアイドルとしてどんな活動をしていきたいですか」

華・雪『…ずっと今のような生活はできないかな…。稼げるのは稼げるけど、なんだか時間を売っているような気がする…。かといって他の仕事はもうできないな…。』

 

Vol.3へ続く