本格的なインバウンド(外国人観光客)誘客に向け、地方の各地で留学生とコラボした企画や体験が行われてるので紹介したい。

宮城県仙台市

 仙台市は仙台藩祖伊達政宗の生誕450年を盛り上げようと、街歩きを中心とした歴史体験イベントを本年11月にかけて次々と開く。地形から政宗の街づくりを読み解く企画など趣向を凝らす。市観光課は「気軽に参加し、政宗のさまざまな魅力を掘り起こしてほしい」と呼び掛けている。

 7月28日にイベント第1弾「仙台タイムトラベルツアー」があった。外国人留学生9人が市の有料貸自転車「DATE BIKE(ダテバイク)」を使い、在仙ドイツ人講師の案内で政宗にゆかりのある青葉区の仙台城跡や瑞鳳殿などを約3時間かけて巡った。


 参加した市内在住のネパール人留学生ラジバンダリ・スバスさん(20)は瑞鳳殿が印象深かったといい、「政宗のことは本で読んでいたが、実際に見学できて良かった」と話した。

 市は街歩き推進事業「仙台ふららん」の登録団体に、政宗生誕450年にちなんだ新規イベントの企画を要請。7~11月に計14件の開催が決まった。市民や観光客、歴史ファンなど幅広い層の参加を見込んでいる。

2017年8月2日 河北新報より