最近日本の若者の間で流行っている動画アプリ「Tik Tok(ティックトック)」は恐らく耳にしていると思います。

米国調査会社センサータワー社(Sensor Tower)の調査によると、「Tik Tok(ティックトック)」が2018年Q1App Storeのダウンロード数TOPのアプリで、日本のテレビ番組で取扱われたり、SNS上の話題になったりしています。

Tik Tok(ティックトック)」とは?

一体、「Tik Tok(ティックトック)」とはどんなアプリでしょうか?一言でいえば、「Tik Tok(ティックトック)」とは、2016年にリリースされた「今日頭条」傘下の短い動画(主に15秒程度)をシェアできるコミュニティアプリです。素人でも歌やダンス、コメディなどのパフォーマンス動画を簡単に創造できることが特徴です。

例えば、最近Tik Tok(ティックトック)では倖田來未さんの「め組のひと」の高速バージョンに合わせて踊る動画が流行っており、先月7月には再生数が2億5000万回を超えました。

中国における「Tik Tok(ティックトック)」

日本でそこまで人気を集めている「Tik Tok(ティックトック)」。実は中国発で、中国でも2017年に人気急増な大人気アプリです。「Tik Tok(ティックトック)」の中国語版名称が「抖音(Tik Tok)」で、QuestMobileのデータによると、2017年8月~2018年1月の間、「抖音(Tik Tok)」のDAUが1,000万から4,000万に急増し、AppAnnie2月のデータによると、「抖音(Tik Tok)」のダウンロード数が全世界第7位になっております。

中国現地では観光PRの一環として活用されているアプリ

兵馬俑で有名な「西安」でも美食や観光名所のショートムービーが人気を博しているようです。

西安の都市イメージの売り込みは、新メディアの斬新でPOPな感覚と歴史ある古都の文化的要素がぶつかり合体することで、顕著な効果を上げ、観光客増につながっているようです。

西安の新しい観光名所の一つである永興坊の摔碗酒の動画が17年末に突然、話題を集めました。わずか15秒の動画の中に、高く積まれた酒杯のかけらの山の前で客が一碗の酒を一気に飲み干し、酒杯をその場で叩きつけて割り、1年の安泰を念じる姿が映っています。観光客が遠くから西安を訪れるのは、この一碗の酒を実際に体験し、SNSにアップしたいという目的もあるようです。

市旅游発展委員会の発表した統計によると、2018年上期に西安市を訪れた観光客はのべ約1億1471万7500人で、前年同期比45.36%増。観光業の総売上げは、前年同期比で56.32%増えたと報じられました。

同委員会は今年4月の清明節の連休にも「ティックトックで遊ぶ西安」と銘打ったチャレンジイベントを実施し、連休中の観光客数は前年同期比で38.76%増と報じられました。

 

陝西歴史博物館の兵馬俑は、ショート動画に出演してラップを歌い、わずか4日間で、視聴回数はのべ1億1800万回を達成。

この流れは他の観光都市にも見られており、今後中国の観光スポットを紹介するショートムービーがティックトック上で検索され、その体験を目的に観光都市を訪れようとする人も増えると予想されます。

日本でも同じような流れが起こるかもしれませんが、中国現地では賛否両論を集めており、このような施策が望ましいか否かは検討が必要かもしれません。