留学生VOICEでは中国版LINEと言われているWeChat内で公式アカウント「日本生活巡礼」の運用をしています

 

『日本人がオススメするJAPAN』ではなく『中国人消費者視点でのJAPANの魅力』

これが非常に重要であり、留学生VOICEだからこそできるメディア作りを心掛けています。

現在、元留学生の中国人編集長、日本人編集長、現役留学生記者数名がチームとなって記事を作成しており、全員日本好き、日本在住、ブログ経験あり、そして各々がある特定のジャンルに特化しています。

ソーシャルメディアマーケティングの観点で重要なのはもちろんコンテンツや媒体そのもの、画像のクオリティなどですが、同様に大切な事は、『誰が書いているか』『ユーザー視点でのコンテンツ作りができているか』です。

 

留学生VOICEには首都圏や関西圏をはじめ、地方にも数多くの留学生が登録してくれています。多方面に在籍しているだけなく、独自の趣味や特技を磨いているのも特徴です。

 

例えば

留学生でありながらモデルやKOL(インフルエンサー)として活動している

写真家やクリエイターとしてアルバイトで生計を立てている

旅行好きや釣り好き

洋菓子作りが趣味でSNS上で注文を受けている

ソーシャルバイヤーとして転売している元留学生

コスプレイヤーやライブ配信者として多くのファンを抱えている

留学生の多くは日本の “何か” が好きで留学先として日本を選んでいます。

そして2年〜5年ほど日本で生活し、日本人と同じように様々な情報に触れ、中国人であるからこそ見える日本の魅力や良いところ、また改善点や悪いところに関心を持っています。

 

だからこそ彼らの書く文章には説得力があり、訪日前観光客やリピーターにとっては非常に魅力的な内容になっています。

是非、皆さんも周囲にいる留学生の声に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

思ってもいなかった新しい視点や気づきがあるかもしれません。