WeChatとは

微信(中国語読み:ウェイシン、英語:WeChat、ウィーチャット)は中国大手IT企業テンセント(中国名:騰訊)が作った無料インスタントメッセンジャーです。「微信」とは、微少の文字数の手紙を意味する。

利用状況

2015年2月の同社発表によると登録ユーザー数は11億2,000万人(以降、テンセントは登録ユーザー数を公表していない)。また、20以上の言語版があり、200の国と地域をカバー、70を超える国と地域でナンバーワンのソーシャルアプリであるという。2016年第1四半期における月間アクティブユーザー数が7億6,200万人に到達し、前期比29%増であると発表された。

(ウィキペディアより)

 

WeChat公式アカウントとは

WeChat公式アカウントは有名人、政府、媒体、企業など向けに提供したPRプラットフォームで、公式アカウントを通じて、WeChatユーザー向けにPRプロモーションを行えます。LINEでいう企業アカウント、Facebookでいう企業やブランド・アーティストページの様なものです。

 

この度、弊社kakkocreate株式会社はゴールドバッハ株式会社様が開設された「日本生活巡礼」の運営をさせていただく運びとなりました。

専属ブロガーとして日中協力チーム6名で取材、撮影、編集まで自社で行なっており、チーム内には元留学生のパワーブロガーや現役中国人留学生の記者や写真家が集まっており、日本好き、日本通メンバーで構成されています。

中国人独自の消費者観点と日本人と変わらぬ情報収集力を武器に、日本の真の魅力を再発見し、訪日前旅行者や日本商品のファンに喜んでもらえるメディアを目指します。

また監修チームとして連携しているのは中国でも人気の高い旅行系アカウント「极简旅行」のブロガーチームです。

 

ゴールドバッハ株式会社 和田太郎代表

「インバウンド、中国進出、越境EC事業を一気通貫でサポートするために必要なことはメディアやコンテンツに商品やサービスを露出できるか否かです。タビマエ、タビナカ、タビアト、全ての場面で露出できるプラットフォームを構築し、ストーリー性や品質にこだわる商材をいかに中国人消費者に訴求していくか!?訪日前中国人観光客の買い物リストに入っていない商品を知らせるために公式アカウントを新設しました」

ゴールドバッハ株式会社 会社ホームページはこちら

世界最大の卸売市場がある中国浙江省義烏(イーウー)市に拠点を構える日中貿易会社

義烏市場公式サイト 義烏購 日本地区総代理店

100名を超える専門スタッフを抱え、中国ネットサイトからの代理購入(yiwutaro.com)、卸市場の日本語サイトの日本代理店、中国の貿易会社としての中国生産業務、中国生産の第三者検品、義烏購日本館の出店企業募集、レンタルオフィス業務など日中貿易のエキスパートして日本企業の中国ビジネスを幅広くサポートされています。

WeChat 越境ECサイトはこちら